魚類主要骨格模式図へ
動物の骨ページへ
アンコウ科(Lopfiidae)頭骨
(バーは1cmを示す)

アンコウ(Lophiomus setigerus

他魚種の頭骨へ
 トビエイ目 ウナギ科 ウミヘビ科 ウツボ科 ハモ科 アナゴ科 ニシン科 カタクチイワシ科 コイ科 タラ科 ボラ科 キンメダイ科 マトウダイ科 ホウボウ科 オニオコゼ科 カサゴ科 コチ科 アイナメ科 サンマ科 トビウオ科 サヨリ科 キス科 アマダイ科 ムツ科 シイラ科 アジ科マアジ属・ムロアジ属・メアジ属 アジ科カイワリ属 アジ科ブリ属 ハタ科 スズキ科 イサキ科 テンジクダイ科 ハチビキ科 タイ科 ハゼ科 カマス科 タチウオ科 サバ科サバ属 サバ科カツオ属 サバ科ソウダガツオ属 サバ科マグロ属 ニベ科 ヒメジ科 イシダイ科 ベラ科 ブダイ科 ネズッポ科 カワハギ科 ヒラメ科 カレイ科 ウシノシタ科 フグ科   
(標本は全長39.0cmの個体)
単にアンコウと呼ぶ場合、ホンアンコウ(L. litulon)とクツアンコウ(L.setigerus)を含んで両者を区別しないことが多いとのことだが、最近はアンコウといえばクツアンコウ(L.setigerus)を指し、ホンアンコウをキアンコウ(L.litulon)と称するのが一般的のようである。呼称による混乱がおきそうであり、本標本は、市場にて単に「アンコウ」として売られていたものであるが、ホンアンコウ(キアンコウ)の可能性もあると思われる。
アンコウ科骨格他の部位へ
 前上顎骨 歯骨 腹椎 尾椎